屋久島八万寿茶園 有機玄米茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GENMAICHA 50g

4560124200695
594円(内税)
購入数

商品説明

屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

上質な1番茶の有機緑茶に、青森県産の自然栽培米「つがるマロン」を自社で焙煎加工した玄米をブレンドした優しく、懐かしい味わいの玄米茶です。

玄米の香ばしい香りは食事との相性抜群です。

水出しもおすすめ!

屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

はじめて八万寿茶園さんのお茶をいただいた時、とろっとした口当たりから、身体にすーっとしみこんでいき、なんて飲みやすいんだろうと思いました。

同時に、舌の奥がくすぐられているような、やさしい、でも確かな旨味が感じられました。

普段から緑茶をたくさん愛飲されている方々にこそ、ぜひ召し上がっていただきたい有機栽培・無農薬のお茶です。

屋久島という特殊な環境だからこそできる、他からの影響を受けないオーガニックな茶葉。そのため、たくさんの量は生産できません。

派手な主張はないけれど、静かに、でも確かに持っているその実力。

希少性の高いこのお茶の旨味と甘味、そして滋養をいただきたいものです。


屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

名称:有機緑茶・有機玄米茶
内容量:50g
原材料名:有機緑茶・有機米
原料原産地名:鹿児島県屋久島、青森
生産者(認定生産工程管理者):(有)屋久島八万寿茶園
鹿児島県有機農業協会 認定番号 加工20号
●第15回全国環境保全型農業推進コンクール優秀賞受賞農園
●有機JAS認定園(鹿児島県有機農業協会)
●エコファーマー認定農園(鹿児島県知事認定)
●ASIA GAP認証取得

※直射日光を避け、常温で保存してください。
※高温多湿を避け、移り香にご注意ください。
※お茶は鮮度が大切です。開封後はお早めにお召し上がりください。


屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

こだわりの有機無農薬栽培

八万寿茶園では、平成13年に茶工場を含む茶園全域にわたって有機JAS認定を取得しました。
茶樹は虫がつきやすいため、一般的な栽培では年に10〜20回農薬が散布されます。
農薬は、土中の生命の流れを遮断し、さらに茶樹は根から農薬を吸収してしまいます。

一方、八万寿の無農薬茶は、自然肥料を栄養として、逞しく育ちます。
品よく手入れされた茶園は、たくさんの虫や鳥たちの楽園。命の賛歌で賑やかです。

お茶の葉を食べる虫が発生しても、一匹ずつ取り除いています。
虫害がひどい場合も、やはり農薬は使わずに、枝から刈り取ってしまいます。

茶畑の自然の流れは、自然の力の偉大さと感謝の心を教えてくれるのです。

雨にも土にも農薬が含まれていないのは屋久島ならでは。
茶畑は屋久島の杉林を自分たちの手で開墾して作っており、周囲には田畑がなく農薬が飛んでくる心配も全くありません。
南国の陽をいっぱいに浴びたとびっきり元気なお茶は、ピュアな大地に芽吹き、ぐんぐん育っていくのです。

屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

命の島、神々の島、森の島、神秘の島。

1993年に世界自然遺産に登録された屋久島は、 逞しくも傷つきやすい大自然に恵まれた島です。
九州最高峰の宮之浦岳をはじめとした洋上のアルプス。亜熱帯から亜寒帯までの植物分布。
月に35日雨が降るといわれる豊富な雨量。
かつて南方航路の遣唐使は、大陸へ向かう途中で必ず屋久島に立ち寄り水を汲んだと記録に残されています。

屋久島は、人と自然の宝の島でもあるのです。美しく厳しい、自然の循環。
太古から変わらぬ生命の流れをもつ屋久島でなければ、完全無農薬のお茶は存在しなかったのかもれません。

屋久島八万寿茶園は、 人に自然に正直なお茶づくりの姿勢を守り通してきました。
そして、今、皆さまに静かな中にも確かな反応をいただいています。

屋久島八万寿茶園 オーガニック緑茶 50g YAKUSHIMA HACHIMANJYU ORGANIC GREEN TEA 50g

The story of Hachimanjyu(八万寿)

柴 八代志、渡辺 万吉、久留島 寿志。ともに1948年、屋久島に生まれた屋久島高校の同級生です。
実は、八万寿という名前は、彼ら三人の名前から頭文字を一つずつとって組み合わせたものなのです。

八・万・寿の三人は、屋久島高校を卒業し、いずれも島外で5年ほど都会生活を送った後、帰郷、再会します。
屋久島で何年かを過ごす中で、夢と誇りをもち、三人が力を合わせて打ち込める素晴らしい仕事がないか模索します。
そんな彼らの耳に、屋久島がお茶づくりに最適な土地であるという話が入ってきました。

1985年5月、島外の茶業地の視察から帰った三人は、具体的な準備に取りかかります。
土地探し。資金づくり。技術の習得。三人は役割を分担し、力を合わせて事に当たりました。
汗と涙の日々は過ぎ、有限会社屋久島八万寿茶園を設立。 旧上屋久町長峰の地に12町歩の農地を取得します。
その間に磨かれた茶の栽培技術、そして茶の文化を屋久島茶に注ぎ込み、どこにもない本物のお茶をつくろうというのですから、並大抵の熱意と努力では実現できないことでしょう。

彼らの夢、屋久島茶が今や、少量ながらも皆さまの口に届けられるに至った理由には、屋久島という大自然の力はやはり外せないものとなっています。
品よく手入れされた現在の八万寿の茶園は、10数年前には、原野でした。
開墾した畑の土は、踏めばフカッと吸い込まれるように柔らかく、たっぷりと水を含みます。この地に植えられた苗木は大地にしっかりと根付き、勢いよく元気に育ちます。
それは、山林や原野を深耕した、山の土が茶に木に適しており、 病気が来ないということもあるそうです。
何千年、何百年と屋久島の大地に根を張り、貴重な生態系を守り続ける屋久杉。その根が雨を貯めこみ、青々とした川の流れをつくり、海へ注ぎ込みます。

天の水を受けた茶の木は、雑草や油粕などの自然肥料を栄養として逞しく育ちます。
そして、茶園だけでなく、八・万・寿の三人にも、千年樹の森はゆったりとした時間と清々しい空気を通じて、焦らず、急がず、想いを形にする人として純粋な気持ちを彼らに与えつづけているのです。

カレンダー

2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ショッピングガイド

配送・送料について

ヤマト運輸 宅急便
ヤマト運輸 ネコポス

返品について

不良品
商品到着後速やかにご連絡ください。商品に欠陥がある場合を除き、返品には応じかねますのでご了承ください。
返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。

お支払いについて

クレジットカード
Amazon Pay
Amazon pay
Amazonアカウントに登録された住所・クレジットカード情報を利用して、支払いができるサービスです。
NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
楽天ペイ
楽天ペイ
PayPay
PayPay
PayPay残高でのお支払いが可能です。
商品代引(ヤマト運輸宅急便コレクト)
宅急便コレクト
代金引換は現金のみです。
別途代引手数料がかかります。
銀行振込
ご入金を確認後、商品を発送させていただきます。
お振込手数料はお客様ご負担となります。